全国近代化遺産活用連絡協議会

三菱重工業長崎造船所ハンマーヘッド型起重機

三菱重工業長崎造船所ハンマーヘッド型起重機

  • 三菱重工業長崎造船所ハンマーヘッド型起重機
No.
名称 三菱重工業長崎造船所ハンマーヘッド型起重機
指定/登録 国登録
公開日・期間
公開時間
所在地 長崎市飽の浦町
交通 「岩瀬道」バス停下車、徒歩3分
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 明治42年(1909)設置/昭和36年(1961)移設
種別 産業2次
公開状況
問合せ先
TEL
関連URL
英国マザーウェル・ブリッジ社から輸入されたもので、明治40年(1907)9月から基礎工事に着手し、同42年12月、三菱造船所飽ノ浦の艤装岸壁に設置されました。昭和20年に原爆を体験しましたが、同36年、現在の水の浦岸壁に移設され、現在に至っています。据付以来100年の歳月が経過した今もなお、船舶エンジン、船用プロペラ、船用ボイラーや艤装類、陸用原動機などの積み出しに、稼働を続けています。
高さ62m、長さ73m、吊り上げ能力150トンで、稼動する巨大構造物であるところに特徴があります。長崎市の市街地沿岸や高台から見えるその威容や、日本の造船産業の近代化を支え続けた歴史を物語っています。