全国近代化遺産活用連絡協議会

吾嬬橋

吾嬬橋

  • 吾嬬橋
No.
名称 吾嬬橋
指定/登録 町指定
公開日・期間 通年
公開時間 常時
所在地 中之条町大字小雨
交通 中之条町六合地区へのアクセス
●電車:東京から…JR高崎線、吾妻線で長野原草津口駅まで 約2時間30分(特急)
     長野原草津口駅から…町営路線バスで約15分
●バス:東京(新宿駅)から…長野原草津口駅まで約3時間30分
     長野原草津口駅から…町営路線バスで約15分
●車 :東京から…関越自動車道 渋川伊香保IC下車・国道17号・国道353号・国道145号・国道292号で約150Km
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 明治34年
種別
公開状況 常時公開
問合せ先 中之条町六合支所
TEL 0279-95-3111
関連URL
「吾嬬橋」は、明治34年に国道17号線の北橘村と渋川市の間の利根川に「板東橋」として架けられました。県内初の道路鉄橋は明治32年の「利根橋」であり、その2年後に架けられた板東橋も最古の部類に属します。また、現存する道路鉄橋としては県内最古のものです。
板東橋は昭和34年に架け替えられましたが、当時の六合村、赤城村、子持村で譲り受け、昭和36年に吾嬬橋として橋長69.1mが移設されました。この中で唯一残っているのが吾嬬橋であり、現在も町道橋として活躍しています。
鉄骨を斜めに組み合わせてピンで結合するペンシルバニア型鋼トラス橋で、架けられた当初は、橋長約221mで3連のトラス橋でした。材料は全てアメリカ産輸入鋼材で、当時の技術水準をよく伝えています。
また、平成18年11月3日には社団法人土木学会の選奨土木遺産にも選定されました。