全国近代化遺産活用連絡協議会

旧国鉄士幌線 第三音更川橋梁

旧国鉄士幌線 第三音更川橋梁

  • 旧国鉄士幌線 第三音更川橋梁
No.
名称 旧国鉄士幌線 第三音更川橋梁
指定/登録 国登録
公開日・期間
公開時間
所在地 北海道上士幌町字黒石平
交通 上士幌町へのアクセスは・・・
JR:札幌市から石勝線で帯広駅まで約2時間30分
車:札幌市から約3時間40分、旭川市から約3時間、釧路市から約2時間40分、帯広市から約40分、とかち帯広空港から約1時間10分
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 昭和11(1936)年
種別
公開状況
問合せ先
TEL
関連URL http://www3.ocn.ne.jp/~arch/
旧国鉄士幌線コンクリートアーチ橋梁群は、戦前期のものが大規模なものだけでも上士幌・糠平駅間に3橋、糠平・十勝三股駅間に4橋が現存しているほか、糠平ダム建設に伴う別線付け替えにより、戦後に建設された複数の鉄道用コンクリートアーチ橋も現存しています。このように、第二次世界大戦前から戦後にかけて建設されたコンクリートアーチ橋が群として大量に残っている例は北海道ではここにしかなく、全国的にみても稀です。
第三音更川橋梁は、1936年(昭和11)に竣工した、橋長71mの4連アーチ橋です。現存する北海道内の鉄道用コンクリートアーチ橋としては最も古いものであり、音更川をまたぐ32mの大アーチは戦前期に建設された北海道の鉄道用コンクリートアーチ橋では最大径間で知られているほか、音更線(当時)の第二工区にあたる第三音更川橋梁は、建設当時の詳細な工事資料が残されている点でも特筆されます。
隣接する国道には案内標識と駐車帯が整備されており、解説板も建てられています。国道に架かる橋から橋全体を眺望することができます。