全国近代化遺産活用連絡協議会

旧諸戸家住宅(六華苑)

旧諸戸家住宅(六華苑)

  • 旧諸戸家住宅(六華苑)
No.
名称 旧諸戸家住宅(六華苑)
指定/登録 重要文化財(洋館、和館)
県指定有形文化財(長屋門、土蔵)
国指定名勝(旧諸戸氏庭園)
公開日・期間 休業日 毎週月曜日(月曜日が国民の祝日に関する法律に規定する休日に当たるときはその翌日)、12月29日~1月3日まで
公開時間 午前9時~午後5時まで
*但し入苑時間は午後4時まで
所在地 桑名市大字桑名663番の5
交通 「田町」バス停下車、徒歩約8分
近鉄・JR桑名駅から徒歩20分
料金・見学 入苑料  一般(高校生以上) 310円/中学生 100円
※団体の場合(20人以上)一般 250円/中学生 50円
*小学生以下は付き添いを要します。
事前予約
注意事項 六華苑駐車場 普通車:45台 六華苑第二駐車場 普通車:22台/大型:5台
諸元 大正2年(1913)
種別
公開状況 「六華苑」として一般公開
問合せ先 六華苑
TEL 0594-24-4466
関連URL http://kanko.city.kuwana.mie.jp/machi/rokkaen/
旧諸戸家住宅は、明治44年(1911)に起工、大正2年(1913)に二代諸戸清六の新居として建設されたものです。現在は桑名市所有となり、「六華苑」として一般公開しています。苑内には、洋館と和館をはじめ、長屋門や土蔵などの建物があります。特に木造2階建て天然スレート葺きの洋館は、鹿鳴館の設計で有名な英国人建築家ジョサイア・コンドルによるもので、揖斐川を望む4層の塔屋は地域のシンボルとして親しまれています。和館は洋館と連結し、両者が直線上に建つ特徴的な構造となっています。