全国近代化遺産活用連絡協議会

旧集成館機械工場

旧集成館機械工場

  • 旧集成館機械工場
No.
名称 旧集成館機械工場
指定/登録 国史跡・重要文化財
公開日・期間 年中無休(隣接の仙厳園と共通の観覧料が必要)
公開時間 8時30分から17時30分
所在地 鹿児島県鹿児島市吉野町9698-1
交通 鹿児島中央駅から 車で20分
鹿児島空港から(高速利用) 車で40分
料金・見学 入館料/大人1000円、小・中学生500円(名勝仙巌園と共通)
事前予約
注意事項
諸元 慶応元年(1865)
種別
公開状況 年中無休
問合せ先 尚古集成館
TEL 099-247-1511
関連URL http://www.shuseikan.jp/
嘉永4年(1851)、鹿児島藩主となった島津斉彬は、アヘン戦争による大国清の敗北で欧米列強の驚異を察し、集成館事業を興し、日本最大・最高水準の工業施設を建設しました。島津斉彬が築いた集成館は薩英戦争で焼失しましたが、養子忠義の手で復興が進められ、慶応元年(1865)に完成したのが機械工場です。長崎経由でオランダの工作機械が到着し、長崎製鉄所の技師を招聘して創業を開始しました。溶結凝灰岩を使用した石造建築で、「ストーンホーム」と呼ばれていました。