全国近代化遺産活用連絡協議会

明正井路一号幹線一号拱石橋

明正井路一号幹線一号拱石橋

  • 明正井路一号幹線一号拱石橋
No.
名称 明正井路一号幹線一号拱石橋
指定/登録
公開日・期間 常時公開
公開時間 常時公開
所在地 大分県竹田市門田
交通 国道57号線から県道神原・玉来線祖峰小学校を過ぎて右折、県道竹田・五ヶ瀬線出合トンネル手前約400m、約15分
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 大正8年
種別
公開状況 常時公開
問合せ先
TEL
関連URL
明正井路は、祖母山麓からの豊富な水を集めて流れる緒方川の水を竹田市大字入田出合に取水口を設け、豊後大野市緒方・清川の水田を潤すための総延長127kmにおよぶ灌漑用水です。
井路の開削期限は、文久年間に計画されましたが、財政難により実現しませんでした。明治42年(1909)に補助事業の認可を受け、大正6年(1917)に着工、大正13年に完成しました。設計・施工は当時の大分県農業技手矢島義一によって行われました。
一号拱石橋は、その象徴的な石橋で橋長78m、橋幅2.8m、橋矢3.3mの6連アーチ石造水路橋です。近代化遺産として歴史的、技術的希少性において高い評価が得られています。平成14年、土木学会選奨土木遺産に認定されました。