全国近代化遺産活用連絡協議会

末浄水場園地

末浄水場園地

  • 末浄水場園地
  • 末浄水場園地
  • 末浄水場園地
No.
名称 末浄水場園地
指定/登録 国名勝
公開日・期間 常時公開(前庭のみ)・休園日(年末年始、1月及び2月の土日祝日)
公開時間 9:00~16:00
所在地 金沢市末町1-1
交通 JR金沢駅より北陸鉄道バス東部車庫行きで終点の「東部車庫」下車、徒歩8分
料金・見学 無料
事前予約 不要
注意事項 観桜期、紅葉期などに合わせて特別公開を実施
諸元 昭和7年(1932)
種別 水道施設
公開状況 公開
問合せ先 金沢市企業局 上水・発電課 (文化財の問合せ先 金沢市文化財保護課)
TEL 076-229-2006 上水・発電課 (076-220-2469 文化財保護課)
関連URL http://www2.city.kanazawa.ishikawa.jp/web/about/about_kengaku_0202.html
 江戸時代に造られた寺津用水から分水することにより、昭和5年(1930)に開設された金沢市最初の浄水施設であり、現在も当時の浄水施設が稼働しています。
 特に、昭和7年(1932)に完成した前庭は、浄水場の中心部分に位置し、直線と楕円を基調とした平面幾何学式の庭園です。東屋及び噴水を伴う泉水から成り、浄水場全体の計画軸線及び造園的意匠を定めるに当たって基点を成したことに特徴があります。それは近代の浄水場に相応しく、噴き上げる動的な水の姿を活かした独特の造形・意匠に基づくものです。
 このように、泉水・噴水施設・東屋から成る前庭は、浄水施設の計画軸線を定める上で重要な基点を成すとともに、浄水場全体に張りめぐらされた水の機能的な浄化経路において象徴的な意義を持っていたものと考えられます。