全国近代化遺産活用連絡協議会

栃木県の防空関連施設群 烏山防空監視哨

栃木県の防空関連施設群 烏山防空監視哨

  • 栃木県の防空関連施設群 烏山防空監視哨
No.
名称 栃木県の防空関連施設群 烏山防空監視哨
指定/登録 土木学会選奨土木遺産(平成24年度認定)
公開日・期間 見学自由
公開時間
所在地 那須烏山市中央一丁目 筑紫山頂
交通 那須烏山市へのアクセス
●JR線
東北本線(上野→快速1時間30分→宇都宮→宝積寺から烏山線35分)
東北新幹線(上野→40分→宇都宮→宝積寺から烏山線35分)
●車
東北自動車道(宇都宮I.C.から50分)
北関東自動車道(宇都宮上三川I.C.から50分)
常磐自動車道(那珂I.C.から50分)
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 昭和16年
種別
公開状況 見学自由
問合せ先
TEL
関連URL
昭和16年の「防空監視隊令」の発令を受けて策定された「栃木県防空計画」により整備・建造された。県内には監視隊本部が3箇所設置され、43箇所の監視哨と4箇所の補助監視哨が設けられた。烏山防空監視哨は、コンクリート製ラッパ型円筒形で、外径4.25m、内径2.76m、高さ1.50m。風化しつつある戦争の記憶を後世に伝えていくべき貴重な遺産である。