全国近代化遺産活用連絡協議会

横浜市開港記念会館

横浜市開港記念会館

  • 横浜市開港記念会館
No.
名称 横浜市開港記念会館
指定/登録 重要文化財
公開日・期間 通常時は廊下・階段・ステンドグラス・資料コーナーが見学可。ただし毎月15日は講堂や会議室を1日(10時~16時)一般公開
休館日:毎月第4月曜日(祝日・休日のときは翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
公開時間 通常時の見学可能時間 : 10時から16時
所在地 横浜市中区本町1丁目6番地
交通 【鉄道】
JR京浜東北線・根岸線「関内駅」南口から徒歩10分(約700m)
市営地下鉄線「関内駅」1番出口から徒歩10分(約700m)
みなとみらい線「日本大通り駅」1番出口から徒歩1分(約50m)
【バス】
「本町1丁目」から徒歩1分(約50m)
「日本大通り駅・県庁前」から徒歩3分(約200m)
「開港記念会館前」から徒歩1分(約10m)
※朝・夕のみの運行になります
料金・見学 毎月15日は、一般公開を行っています。
日頃使用中で見られない講堂や会議室を一日一般公開いたします。
日時 : 毎月15日 10:00~18:00
見学可能場所 : 講堂、1号会議室
入場料 : 無料
※20名以上の団体でお越しの際は、事前に会館へ連絡をお願いします。
事前予約 毎月15日の一般公開の際、20名以上の団体でお越しの際は、事前に会館へ連絡をお願いします。
注意事項 当会館は「公会堂」であるため、部屋の内部は使用中はご覧になることができません。しかしながら、廊下や階段は自由にお通りになれますので、ロビー部分やステンドグラス・資料コーナーはご覧になることが可能です。また、毎月15日には一般公開を行っています。
諸元 大正6年
種別
公開状況
問合せ先 横浜市開港記念会館
TEL 045-201-0708
関連URL http://www.city.yokohama.lg.jp/naka/kaikou/
大正6年(1917)に横浜開港50周年を記念し、市民の集会施設として建設されました。赤煉瓦と花崗岩をとりまぜた辰野式フリークラシックのスタイルで、東南隅に高塔[時計塔]、西南隅に八角ドーム、西北隅に角ドームをあげ、高さ36mの高塔はジャックの愛称で親しまれています。関東大震災で内部を焼失しましたが、昭和2年にRCの柱梁を入れて復元しました。戦後は開港100周年にあたる昭和33年まで接収され、進駐軍兵士向けの映画館として利用されました。昭和63年にはドーム・屋根を復元して現在の姿となりました。