全国近代化遺産活用連絡協議会

旧碓氷峠鉄道施設丸山変電所機械室および蓄電池室

旧碓氷峠鉄道施設丸山変電所機械室および蓄電池室

  • 旧碓氷峠鉄道施設丸山変電所機械室および蓄電池室
No.
名称 旧碓氷峠鉄道施設丸山変電所機械室および蓄電池室
指定/登録 国指定重要文化財
公開日・期間 毎年秋に約1週間、内部公開
平成30年度は10月27日(土)~10月29日(月)、11月3日(土)~11月5日(月)
普段は外観のみ見学可
公開時間 10:00~15:00
所在地 群馬県安中市松井田町横川字丸山
交通 JR信越本線横川駅から徒歩30分
「碓氷峠鉄道文化むら」から上り、徒歩約30分、「峠の湯」から下り、徒歩15分
自動車乗り入れ不可、旧国道18号沿い
料金・見学 無料
事前予約 不要
注意事項 車両乗り入れ不可
諸元 1912年
種別
公開状況 普段は外観のみ見学可
問合せ先 安中市教育委員会 文化財保護課
TEL 027-382-7622
関連URL
旧丸山変電所は、明治45年(1912)、碓氷線の電化に伴い、横川火力発電所、軽井沢の矢ヶ崎変電所とともに建設されました。2棟ありますが、1棟は回転変流機などが置かれた機械室、もう1棟は蓄電池室として使用されていました。
建物の性格としては、工場建築に近いため華やかさには欠けますが、正面出入り口や側面には控えめながら装飾的な要素が加えられ、落ち着いた格式高いものとなっています。