全国近代化遺産活用連絡協議会

舞鶴市立赤れんが博物館(赤れんが1号棟)

舞鶴市立赤れんが博物館(赤れんが1号棟)

  • 舞鶴市立赤れんが博物館(赤れんが1号棟)
  • 舞鶴市立赤れんが博物館(赤れんが1号棟)
  • 舞鶴市立赤れんが博物館(赤れんが1号棟)
No.
名称 舞鶴市立赤れんが博物館(赤れんが1号棟)
指定/登録 重要文化財
公開日・期間 常時公開 休館日(年末年始)
公開時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
所在地 舞鶴市字浜2011番地
交通 JR東舞鶴駅より徒歩約15分
JR東舞鶴駅前より京都交通バス約5分「市役所前」下車 徒歩3分
料金・見学 300円(学生半額)  赤れんがフェスタ開催時のみ無料(10月中旬)
事前予約 不要
注意事項
諸元 明治36年(1903)
種別 その他-軍事
公開状況 公開
問合せ先 赤れんが博物館
TEL 0773-66-1095
関連URL http://www.city.maizuru.kyoto.jp/modules/sangyoshinp/index.php?content_id=341
 赤れんが博物館は、平成5年(1993)11月に世界でも初めてという、「れんが」をテーマとした博物館として開館した。建物は、旧舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫として、日露戦争直前の明治36年(1903)に建設された鉄骨れんが造2階建の倉庫で、本格的な鉄骨構造のれんが構築物としては、わが国に現存する最古級のものとされ、市指定文化財となっている。
 鉄骨には、「CARNEGIE」の刻印があり、米国カーネギー社の鋼材を輸入したものであり、れんがの積み方も珍しいフランス積となっている。
 れんが倉庫の改修については、指定文化財の枠組みの中で改修を行うこととし、「復元と活用」をテーマに取り組まれた。内壁は当初の漆喰仕上げなどに復元。建物自体が展示物となるよう、木造の柱、梁、2階の床等はそのまま活かして、展示の一部として活用を図っている。