全国近代化遺産活用連絡協議会

舞鶴旧鎮守府倉庫施設

舞鶴旧鎮守府倉庫施設

  • 舞鶴旧鎮守府倉庫施設
  • 舞鶴旧鎮守府倉庫施設
  • 舞鶴旧鎮守府倉庫施設
No.
名称 舞鶴旧鎮守府倉庫施設
指定/登録 重要文化財(7棟、附1棟)
公開日・期間 常時公開 休館日(年末年始)
公開時間 9:00~17:00
所在地 舞鶴市字北吸1039-2
舞鶴赤れんがパーク 
交通 JR東舞鶴駅より徒歩約15分
JR東舞鶴駅前より京都交通バス約5分「市役所前」下車すぐ
料金・見学 無料
事前予約 不要
注意事項 8棟のうち国所有の3棟の赤れんが倉庫(舞鶴海軍需品庫)と赤れんがロード は外観のみ公開
諸元 明治35年(1902)~大正7年(1918)
種別 その他-軍事
公開状況 公開
問合せ先 舞鶴観光協会赤れんがパーク事業部
TEL 0773-66-1096
関連URL http://akarenga-park.com/
舞鶴鎮守府の軍需品等の保管倉庫として、明治33年から大正10年までの間に建てられたもので、特に明治34年から明治36年に建築された魚形水雷庫や需品庫などは、海軍鎮守府の施設構成を理解する上で重要で、設計図書等が完存していることも貴重です。また、赤れんが博物館(舞鶴海軍兵器廠魚形水雷庫)は現存最古級の鉄骨造れんが建築物であり、建築技術史上の高い価値があります。
現存する赤れんが倉庫は、れんが造2階建11棟、鉄骨れんが造1棟があります。これらの倉庫のうち8棟(うち附1棟)が平成20年6月に国重要文化財に指定されました。
赤れんが倉庫の転活用としては、平成5年11月に赤れんが博物館、平成6年10月に市政記念館、平成19年4月に智恵蔵が開館し、平成24年5月には赤れんが工房、赤れんがイベントホールの2棟も開館し、これら5棟の一帯は「舞鶴赤れんがパーク」として整備されています。