全国近代化遺産活用連絡協議会

角島灯台

角島灯台

  • 角島灯台
No.
名称 角島灯台
指定/登録 市指定有形文化財
公開日・期間 年中無休(天候により参観中止の場合あり)
公開時間 9:00~16:00(最終入園15:45)

所在地 下関市豊北町角島2343-2
交通 車:美祢IC下車約60分、下関IC下車約75分(灯台には駐車場はありません)
JR山陰本線「特牛駅」下車ブルーライン交通にて約30分「灯台公園前」下車徒歩3分
料金・見学 灯台入場料(記念館含む):大人200円(子供無料)
事前予約
注意事項 安全確保のため、入場を制限する場合がある
諸元 明治9年
種別
公開状況 一般公開
問合せ先 社団法人 燈光会
TEL 03-3501-1054
関連URL http://www.city.shimonoseki.lg.jp/www/contents/1379472505931/index.html
「日本の灯台の父」リチャード・ヘンリー・ブラントン(R.H.Brunton)によって築かれた角島灯台は、明治9年(1876)に竣工した日本海側初の西洋式灯台です。29.62mの高さをもつ大型の灯台は、当時としては数少ないものでした。内部には、105段の石造の螺旋階段がまわっています。なお、下関市内には、ブラントンの関与した航路標識がほかに2件現存します(いずれも下関市指定有形文化財)。