全国近代化遺産活用連絡協議会

読書発電所施設 発電所

読書発電所施設 発電所

  • 読書発電所施設 発電所
No.
名称 読書発電所施設 発電所
指定/登録 重要文化財
公開日・期間
公開時間
所在地 長野県木曽郡南木曽町読書
交通 【JR】東京から塩尻(中央東線特急約2時間30分)、塩尻から南木曽(中央西線特急約1時間)
    名古屋から南木曽(中央西線特急約1時間)
【車】東京から塩尻IC(中央自動車道約3時間)、塩尻ICから南木曽(国道19号約2時間)
   名古屋から中津川IC(中央自動車道約50分)中津川ICから南木曽(国道19号約30分)
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 大正12年
種別
公開状況
問合せ先
TEL
関連URL http://www.town.nagiso.nagano.jp/kankou/midokoro/nagiso/midokoro_40.html
大正10年11月から約2ヶ年かけ、大同電力株式会社によって建設された、当時最大出力4万7百キロワットの水路式発電所です。大同電力社長福沢桃介は「一河川一会社主義」を主張して次々と木曽川に発電所を建設しており、読書発電所の完成は、当時の水路式発電所の金字塔ともいうべきものでした。
発電所本館は、鉄筋コンクリート造で煉瓦壁、陸屋根構造。内部は一室の大空間とする主屋と附属屋があります。半円形の窓や屋上に突き出した明かり窓の構成などに、近代を意識したデザインが施されています。
コンクリート造の水槽は、正面・側面の擁壁部分に建設当初のデザインがそのまま残されています。水圧鉄管は内径2.9m、全長290mの建設当初の鉄管三条が残っています。