全国近代化遺産活用連絡協議会

鹿児島旧港施設

鹿児島旧港施設

  • 鹿児島旧港施設
No.
名称 鹿児島旧港施設
指定/登録 重要文化財
公開日・期間 常時見学可
公開時間
所在地 鹿児島市本港新町(鹿児島本港区)
交通 ・鹿児島空港からリムジンバス50分/「金生町」下車徒歩15分
・JR鹿児島中央駅から市電15分/「水族館口」下車徒歩8分
・JR鹿児島中央駅からバス15分/「かごしま水族館前」下車徒歩1分
料金・見学
事前予約
注意事項
諸元 明治5年頃
種別
公開状況 常時見学可
問合せ先 鹿児島県企画部企画課世界文化遺産登録推進室
TEL 099-286-2366
関連URL http://www.kyuyama.jp/kyushuyamaguchi/kn_kagoshima_01.html
鹿児島旧港施設の新波止と一丁台場は海岸埋立地の波除けとして、それぞれ弘化年間及び明治5年頃に築かれ、遮断防波堤は、鹿児島県による修築事業によって明治37年に竣工しました。南九州における交通と海防の拠点として、近世から近代にかけて整えられた、鹿児島港の代表的遺構であり、また、築造が江戸末期に遡り、沖防波堤である新波止、技術の時代的特色をよく示す一丁台場及び遮断防波堤が、旧態を保持しながらまとまって残っており、港湾技術史上、高い価値があります。
現在は、港湾整備事業に伴い海側が埋め立てられ、防波堤としての役割を終え水路に面した護岸となっており、市民の憩いの場となっています。