全国近代化遺産活用連絡協議会

匠の里で甦(よみがえ)るナローゲージを訪ねて

匠の里で甦(よみがえ)るナローゲージを訪ねて

匠の里で甦(よみがえ)るナローゲージを訪ねて
北勢線に乗って、車庫見学と朝の町巡りツアー

シンボルツリーから名づけられた東員町にある「くろがねもーち」で、おいしいモーニングを食べて出発。ついで奈良時代、東大寺を建立した大工猪名部百世(いなべのももよ)の先祖が主祭神の猪名部(いなべ)神社を参詣します。そして全国でも珍しい「ナローゲージ」車両の点検・修理が行われている北勢線の車庫の内部を10人限定で見学します。

【とき】  7月1日㈯ 午前8時30分~正午
【場所】   西桑名駅午前8時30分集合→東員駅→くろがねもーちでモーニング→猪名部神社→
      北大社車庫見学→東員駅午前11時50分着・解散

【定員】 10人(先着順)
【料金】 2000円(モーニングとお土産に猪名部ジンジャーエール付)
          電車代は各自
【申込】 電話で、北勢線の魅力を探る会へ。
【問】   北勢線の魅力を探る会代表 近藤 方
         ☎080‐3073‐3313

2017年6月5日 新着情報