全国近代化遺産活用連絡協議会

新着情報

「日本の砿都:石灰石が生んだ産業景観」が平成29年度日本造園学会賞(著作部門)を受賞

「日本の砿都:石灰石が生んだ産業景観」岡田昌彰著作が平成29年度日本造園学会賞(著作部門)を受賞 日本各地の石灰石鉱山が生んだ産業景観の諸相をくまなく明らかにする新しい工業風土論。黒いダイヤ・石炭に比して、白いダイヤと呼……

詳細はこちら

2018年7月2日 新着情報

登録文化財保存活用シンポジウム「登録有形文化財の保存と活用ー最近の展開と課題ー」

地域固有の文化遺産の現状・課題について考え、未来を展望する場としてのシンポジウムの2回目です。今回は、群馬県から報告いただいた後、文化庁の登録有形文化財担当調査官に登録有形文化財の保存・活用を巡る状況についてお話しいただ……

詳細はこちら

2017年12月22日 新着情報

「足利の近代化遺産を考える会」設立記念シンポジウム近代化遺産の保存と活用=地方都市のまちづくりを考える=

近代化遺産を考える会_チラシ表2

足利市内の近代化遺産バスツアーにて足利の近代化を支えた建造物を見学した後、東京文化財研究所から北河大次郎氏をお招きし『これからの近代化遺産を考える』と題した基調講演を聞き、足利および隣県の近代化遺産の現状を踏まえ、地方都……

詳細はこちら

2017年10月12日 新着情報

全国登文会シンポジウム「全国の魅力ある登録有形文化財を守り・活かしていくために」を開催します。

全国登文会シンポ開催案内-1_2017092517350229

 魅力的な歴史遺産を守り・活かしていくための制度が国の登録文化財制度であり、都府県単位で所有者が取り組みを広げていくために国登録有形文化財建造物所有者の会(「登文会」)をつくり活動を行っています。登録文化財の魅力や全国の……

詳細はこちら

2017年9月25日 新着情報

諸戸家住宅 修理工事現場見学会

主屋_2017090717503479

諸戸家住宅は、近代桑名の豪商諸戸家の基礎を一代で築いた初代諸戸清六が明治18年に屋敷地を購入して、明治~大正時代に建築した6棟です。明治・大正期の地方実業家の住宅であり、伝統的な意匠・技法を基調とする豪奢なつくりの主屋や……

詳細はこちら

2017年9月7日 新着情報

Previous Posts